• ホーム
  • 病院で早漏を治す!いつ完治したと言えるのか?期間は

病院で早漏を治す!いつ完治したと言えるのか?期間は

悩んでいる男性

早漏は男性にとっては自信の喪失にもつながるつらい症状なので、治すことができれば治したいと思うものです。
ひと昔前までは特に有効的な治療法もなく、民間療法や改善のためのトレーニングなどを行って早漏を治す努力をしている男性も多くいました。

近年では医学の発展に伴い早漏を改善する様々な治療法や治療薬が開発され、早漏は医学的に治すことができるものであるという認識が浸透してきています。
様々な早漏改善クリニックがある他、病院での治療も可能な時代になってきました。

病院で早漏治療を受ける場合、診療科目は泌尿器科を選ぶとよいといわれています。
男性器を専門に診察している泌尿器科ではそのメカニズムにも精通しているため、医学的な見地から早漏の原因を特定し、改善のための治療を行ってくれます。

早漏改善を専門としているクリニックや性病を主に診療している病院などと違って、普通の病院の泌尿器科で自分の早漏をカミングアウトするのに抵抗があるという人もいます。
しかし現在では早漏も医学的な治療法が確立した症状であるため、早漏で病院を受診する人も増えているので、恥ずかしがらずに受診することがおすすめです。

病院での治療は、ペニスへの血流をしたり、精神面での原因が見られる場合はカウンセリングなどを行ったりします。
場合によっては外科手術などを伴う場合もあります。
並行して早漏の改善に効果のある薬の処方なども行われます。

近年では薬などに頼らずに人間の本来持つ力を引き出してペニス周辺に新生血管を造成することで早漏の改善にも効果があるといった最新技術を駆使した先端治療も行われており副作用などの心配がないのが特徴です。
このような先端治療が一部の病院では導入されているほど、病院での早漏治療は特別なことではなく一般的なものになってきています。

なお、早漏は完治の判断が難しい症状の一つでもあります。
人によってセックスの際に十分だと感じる射精までの持続時間は異なるためで、実際には治療が必要な状態であっても本人に自覚がない場合もあるのはこのためで、完治までの期間も人によって違ってきます。

早漏治療の費用総額を予想してみる

完治までの期間は人それぞれに違ってくるので治療にかかるおおまかな費用を算出するのは難しいですが、主に通院費と治療薬にかかる費用などが多くを占めます。
保険が適用される治療法や薬を使っているかという点も費用面で大きな違いが出てきます。

薬は病院での処方が受けられる他、費用を抑えたい場合は輸入代行業者によるネット通販などで処方薬と同じものが割安で購入できる場合もあります。
薬の種類にもよりますが1か月から2か月分の用量が5000円から6000円で購入できます。

病院での治療は保険の範囲内で行われる場合が多いので、通院にかかる費用はそこまで高くならないといえます。
問診と薬の処方などを行って経過を観察していくスタイルの場合なら月の費用は1万円前後で済むでしょう。
外科手術などが必要な症状の場合は多少費用が嵩む可能性もあります。
その場合でも医療費還付などの申請をすれば一部は戻ってくることもあるので医師と相談するようにするといいでしょう。

いくつかの病院にのみ導入されているような先端機器による治療を受ける場合には、半年ほどのスパンで治療が行われ、総額が20万円から30万円ほどかかる場合もあります。
このように本人の症状や病院ごとの治療方針、方法によってかかる費用も変わってきますが、それを踏まえた上で考えると早漏治療にかかる費用の総額は3万円から40万円ほどと幅の広いものになってくるといえます。

もちろん完治までの期間が長引けば長引くほどさらに費用はかさむので、なるべく早く治るように自分に合った病院を探すことが費用を抑えて早漏を改善するためには重要になってきます。
自信と魅力を取り戻すためにも、いい病院を見つけて早漏を改善しましょう。

関連記事
  • 落ち込んでいるカップル
    早漏に効く成分ダポキセチンの効果とは 男性が早漏になる理由は様々ありますが、直接的な原因は脳内で神経伝達物質として分泌されるセロトニンのア... 2018年10月29日
  • 考えている男性
    プリリジーの正しい飲み方、時間 プリリジーは、早漏の治療のために開発された治療薬です。 早漏の治療のために高い効果を持っているために... 2018年11月01日
  • 困っている男性
    家で早漏を治す方法 早漏というのは健全な男性にとっては大きな問題であり、それでいて他人には話しづらいものです。 治療薬も... 2018年10月25日
サイト内検索
アーカイブ