• ホーム
  • 女性はどんな性行為の時間を理想としているの?

女性はどんな性行為の時間を理想としているの?

女性にとって理想的な性行為の時間とはどういったものでしょうか。
人によって、目的や頻度、所要時間などは異なりますが、多くの女性に共通して言えるのは、性行為が愛情確認のための行為の一つであるということです。
その中にはもちろん、快感を覚えることも含まれています。
相手が自分を大切に思ってくれている、愛してくれていると感じることで、女性は安心感や充実感を得られるのです。
つまり、女性にとって性行為は「愛されていることを感じるため」の時間であると言えます。

ある企業が女性300名に対し、「性行為において挿入までにどれくらいの時間をかけてほしいか」というアンケート調査を行いました。
最も多かった回答は、約10分~20分が45%、続いて20分~29分が21%という結果でした。
ここに、女性が求める理想の性行為が表れています。
多くの女性にとって、性行為においては挿入だけが目的ではなく、そこに至るまでの過程で、快感を覚えたり愛情を感じたりすることが大切なのです。

では、具体的にはどういった行為が「愛されていることを感じる」ことにつながるのでしょうか。
男性の中には、テクニックを重視する人も多くいます。
もちろん性行為において相性や快感度は大切ですが、それだけでは理想の時間は作れません。
例えば、ぎゅっと抱きしめる、キスをする、髪をなでる、自分の気持ちを言葉で伝えるなど、一つ一つの動作が女性の気持ちを徐々に盛り上げていきます。

また、性行為が終わったあとの時間も大切です。
前述したとおり、挿入だけが目的ではない女性にとって、射精をした時点で性行為が即終了するわけではありません。
カップルの中には、射精したあとのパートナーの行動に不満を抱いているという人も少なくありません。
相手との性行為の目的の違いを、そのとき強く感じてしまうからです。
射精後であっても、やさしい言葉をかけてもらう、抱き合ってキスをするなど、その余韻を味わいたいと思う女性もいます。
こうした要望は人によって異なりますので、お互いに話し合いをすることが大切です。

性行為についてカップルで話し合うことも大切です

性行為は、カップルふたりの問題です。
どちらかが我慢をして不満を抱いたままでは、お互いにとって理想の時間をつくることはできません。
また、不満が積み重なっていくとセックスレスや浮気などの問題を起こしてしまうきっかけにも繋がります。
そうならないためには、どうしたらよいのでしょうか。

まず、女性の中には性行為に対して恥ずかしいといった感情を抱いている人も多くいます。
また男性にとっても、デリケートな話題のため話をなかなか切り出せないということがあると思います。
しかし、性行為は大切なカップル間の愛情表現、コミュニケーション方法の一つ。
だからこそ、まずはオープンに話ができる関係を築いていくことが大切です。

話し合いのコツとしては、まず相手の良いところ、自分が満足していることから伝えてみるのがおすすめです。
いきなりナイーブな問題について不満を言われたら、相手も警戒してしまいますし、傷つけてしまってはその後の関係修復が大変です。
最初はポジティブな話題から始めてみると、意外とスムーズに話を切り出せます。
そこから、自然な流れで要望を伝えたり、相手の理想を聞き出したりしてみるのが良いでしょう。

お互いの理想がわかったところで、それがすぐに受け入れられるかどうか、というのは別の問題です。
まずは相手のことを知ること、そして自分のことを知ってもらうことが大切なのです。
時間をかけてでも、少しずつ互いを理解し、性行為を楽しめる環境をつくっていきましょう。

またこうした話し合いは、性行為のためだけとは限りません。
カップルだからこそ話せることを共有することで、信頼関係が高まり、ふたりの関係性はこれまで以上に強くなっていくことでしょう。

関連記事