• ホーム
  • 勃起薬バイアグラの効果はいかに

勃起薬バイアグラの効果はいかに

日本で承認されている勃起薬にはバイアグラとレビトラ、シアリスの3種類が存在します。
ペニス周辺の血管を拡張して血流量を増やし、勃起不全を改善する効果は同様です。
バイアグラとレビトラ、シアリスはそれぞれ異なる有効成分が含まれています。
効果の現れ方などに違いがあります。
バイアグラとレビトラは即効性が大きな特徴ですが、シアリスは遅効性が特徴です。

勃起薬を服用し血管が拡張されると血圧が低下します。
そのためめまいなどの副作用が現れる場合があります。
また全身の血の巡り促進されると、頭部など一部で血圧が上昇します。
血圧の上昇は頭痛や顔の火照りなどの原因となります。
その他にも鼻の粘膜の充血による鼻詰まりや、消化管の充血による消化不良などが見られます。

勃起薬の中でもバイアグラとレビトラは即効性があります。
そのため9割以上の服用者にめまいなどの副作用が現れます。
シアリスは遅効性があるため、めまいなどの症状が現れづらいという特徴があります。
めまいなどの症状が現れるのは、服用者の3割ほどです。
いずれの勃起薬を服用した場合でも、副作用は基本的に軽度なため問題はありません。
一般的に副作用は数時間ほどで回復します。

バイアグラは世界で最初に製品化された勃起薬です。
即効性があり空腹状態で服用すると30分ほどで効果が現れます。
性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用します。
効果は用量に関わらず5時間ほど続きます。
レビトラも即効性のある勃起薬です。
空腹時に服用すれば20分ほどで効果を実感できます。
レビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在しますが、10mgと20mgが一般的に流通しています。
効果の継続時間は10mgが5時間ほどで、20mgは10時間ほどです。

シアリスは遅効性のある勃起薬で、効果は服用後3時間ほどしてから現れます。
10mgと20mgの錠剤があり、10mgは20時間から24時間ほど、20mgは30時間から36時間ほど効果が持続します。

勃起薬って色々あるけどどうやって選ぶの?

日本ではバイアグラとレビトラ、シアリスが勃起薬として承認されています。
いずれを選択するかは用途や体質などと相談して決定します。
バイアグラとレビトラは即効性が特徴で、シアリスは遅効性が特徴です。
またバイアグラは食事の影響を受けて効果が半減しますが、レビトラとシアリスは食事の影響を受けづらいという特徴があります。
いずれも空腹時に服用するとより効果的です。

バイアグラは食事の影響を受けるので、空腹時に服用します。
食後に服用する場合には2時間ほど時間を空けます。
脂肪分の多い食事を摂った場合には、5時間から6時間ほど時間を空ける必要があります。
レビトラはエネルギー量が700kcal、脂肪分が30%までの食事であれば問題ありません。
シアリスはさらに食事の影響を受けづらく、800kcalまでの食事であれば摂取できます。

勃起薬を服用する前に食事を摂る場合は、脂肪分の少ないものを腹6分目から7分目にする必要があります。
また食後2時間は時間を空け、空腹状態になってから服用します。
脂肪分の多い食事を摂った場合には、食後2時間を経過しても胃や腸に残留している可能性があるので注意が必要です。

いずれの勃起薬を選択するかは、使用者の状況によって異なります。
食事の影響を考慮するならばシアリスかレビトラを選択します。
副作用や効果の持続時間を考慮するならばシアリスを選択するのが合理的です。
即効性を求める場合にはバイアグラかレビトラを選択します。

バイアグラとレビトラ、シアリスはいずれもペニス周辺の血管を拡張して血流を増やし勃起を促す効果があります。
効果の現れ方などに違いがあるので、用途や自分の体質に合ったものを選択することが重要です。

関連記事