• ホーム
  • プリリジーの正しい飲み方、時間

プリリジーの正しい飲み方、時間

考えている男性

プリリジーは、早漏の治療のために開発された治療薬です。
早漏の治療のために高い効果を持っているために、世界数十カ国ですでに認可されていて、正式に販売されています。
日本ではまだ認可されていませんが、輸入は許可されているので、プリリジーを国内に輸入して使用することは可能です。

経口薬であるプリリジーは正しい飲み方で服用することで、その効果を正しく発現させることができます。
行為の一時間前に服用するのが、プリリジーの正しい飲み方です。
プリリジーは服用してから一時間後に、最もその効果を発揮します。
服用する錠剤は一回につき一錠ずつです。
プリリジーは効果の高い医薬品であるために、一回につき一錠という決まりは厳守する必要があります。

また一日につき服用できる回数も一回までとなっています。
そのため、一度プリリジーを服用した場合では、最低でも24時間は間隔を空けて、服用する必要があります。
プリリジーの効果が最もよく現れるのは、服用してから1時間後までですが、服用してから5時間ほどまでは、その効果が持続します。
そのために、早めに飲みすぎても飲みなおす必要がないメリットがあります。

プリリジーを正しく服用するためには、安全性を確保するためのルールに従って服用することが必要です。
特に注意をしなければいけないのは、鬱病の治療をしている患者が服用する場合です。
鬱病の治療として一定の種類の治療薬を服用している患者は、治療薬と一緒に服用することができません。
鬱病の治療薬に含まれている成分と、プリリジーに含まれている成分を同時に体内に吸収することで、強い副作用を引き起こす可能性があるからです。

また鬱病の治療薬の服用を中断した場合でも、服用には注意が必要です。
治療薬の服用中止後、間を置かずにプリリジーを服用した場合には、体内に残っている治療薬の成分のために、副作用を起こす可能性もあるために、少なくとも、服用中止後、数週間を空けて服用する必要があります。
ですが、正しい方法で服用すればプリリジーは、副作用の少ない治療薬として開発されているところに大きな特徴があります。

プリリジーやジェネリックのポゼットが作られた経緯

プリリジーが開発されるまでは、早漏に対する効果的な治療薬は存在しなかったのが実情です。
この治療薬が開発される前の早漏の治療として行なわれてきたのは、外科手術などです。
特定の治療薬が使用されたこともありましたが、その効果は非常に短いものだったので、効果的に使用することはできませんでした。
その一方で早漏の治療としては、精神医学的なアプローチも行なわれましたが、いずれにしても確実な効果が期待できるようなものではありませんでした。

こうした状況を踏まえて、早漏に対する確実な効果を持つ治療薬として開発されたのがプリリジーです。
鬱病の治療薬として使用されている成分に射精時間を遅らせる効果があることがわかったために、早漏の治療薬として開発されました。
こうした事実が判明した経緯には、鬱病の薬を服用している患者から相談が多くあったために、薬の効果が明らかになったといういきさつがあります。
鬱病の治療薬を服用している患者の中でも、特に特定の成分が配合された患者にそうした症状が見られたことから、この成分を利用してプリリジーが開発されました。

プリリジーはもともとベルギーの製薬会社が開発したものですが、現在ではイタリアの会社が販売しています。
プリリジーだけではなく、現在ではこの薬と同じような効果を持っているジェネリック医薬品も販売されています。

それがポゼットという治療薬です。
ポゼットはプリリジーのジェネリック医薬品として、プリリジーと同様の方法で服用することができます。
成分も共通しているために、服用した時の効果も同じです。
一般的にジェネリック医薬品はオリジナルの医薬品よりも、安価に入手できるメリットもあります。

関連記事